マイナンバーに彷徨う

以下、全てブログコピペ。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

マイナンバー導入に伴い、夜の副業収入が会社にバレると不安の風俗嬢、キャバクラ嬢も多いはずです。私もその一人で、夜職を辞めてしまおうと考えていました。



ですが、昼職のお給料だけではとてもじゃないけど生活できないし、どうしたものかと途方に暮れていましたが、なんとマイナンバーが導入されても会社に副業収入がばれない方法があると聞き狂喜乱舞していたところです。その方法をブログで紹介させてもらいます。



まず、マイナンバー導入で何故会社に収入がばれてしまうかから説明します。



1、支払調書の記載にマイナンバー記入欄ができた

キャバクラでも風俗店でも年間50万円を超える報酬を払っている人には、住所と氏名、報酬額を支払調書に記載を行い提出しなければなりません。これはどういう事かというと、お店側が女の子の収入をお国に提出するわけなので、女の子たちの収入がお国にばれるわけです。なので、本来女の子たちはその収入分確定申告を行わなければならなかったのですが、そんな女の子たちは何万人と言わるわけで、税務署がいちいちそれを調査してる時間なんてありません。そんなわけで、これまでは確定申告を行っていなくてもスルーされていたわけです。

しかし、マイナンバー導入により、支払調書からマイナンバーの記入が新たに加わったことで、確定申告を行っていないキャバ嬢、風俗嬢を簡単に把握できるようになっていしまったのです。どういう理屈かよくわかりませんが、簡単に割り出せるようになったみたいです。



2、確定申告をすると会社にばれる

では、確定申告したなければいけなくなったキャバ嬢、風俗嬢ですが、これをすると何故、昼職の会社にばれてしまうのか?

税務署で確定申告を行うわけですが、これを行うと税務署から市町村にキャバクラ、風俗で得た所得情報が送られます。この情報を元に市町村は、「昼職の所得」、「夜職での所得」を合算して市民税を算出します。

この市民税の金額は、翌年から給与天引きとなるので昼職の会社にこの情報が市町村から送られることになります。これにより、昼職の会社に夜職の所得がばれるわけです。



3、特別徴収にしなければバレない!?

昼職会社に夜職の所得バレを回避するには、市民税を「普通徴収」にすることです。

市民税の支払い方法には、表記で説明した会社の給与から天引きされる「特別徴収」と天引きせず自分で払う「普通徴収」があります。「普通徴収」にした場合は、納付書が自宅に届き、それに記載された金額を払うだけになるので、昼職会社に所得がばれることがなくなります。



4、確定申告の際に「自分で納付」にチェック!

夜職の収入を確定申告する際に、「給与から差引き」、「自分で納付」という欄があるのですが、「自分で納付」の欄にチェックするだけです。これに関しては税務署で「普通徴収」にしたいんですがって言えば教えてくれます。

こんな簡単なことで対策を立てられるので是非活用してみることをお勧めします。
20151207124929.jpg




今回すごくキャラじゃない記事になってしまいましたが、同じ悩みを持つキャバ嬢、風俗嬢に少しでも参考になればと思い記事にしてみました。



次回からはまた毒のある記事を再開します<(_ _)>

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

これが第一弾。
これに対してYahooのニュースで・・・
以下、再度コピペ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2016年1月にマイナンバーの運用が始まるのを受け、会社に副業がバレるのを恐れて、キャバクラや風俗など「夜の仕事」を辞めたほうがいいのではないかと、悩んでいる女性が多いようだ。12月には「風俗嬢のマイナンバー対策」というブログ記事(http://karadatsukaujyoshi.hatenablog.com/entry/2015/12/07/153811)が反響を呼んだ。

このブログの投稿主は、昼の会社に「夜の仕事」がバレないようにする対策を紹介。「市民税を『普通徴収』にする」、「確定申告の際に『自分で納付』の欄にチェックする」という2つの策を提案している。

はたして、このブログの内容は正しいのだろうか。マイナンバーが導入されて以降も、会社に副業をバレない方法はあるのだろうか。新井佑介税理士に聞いた。

●最も有効な対策は、制度を理解して、しっかり確定申告すること

「答えを先に言うと、ブログの内容は半分正解で半分不正解です」

おっと、ブログを信じてしまった人には、大事な情報だ。

「まず、『個人住民税を普通徴収にする』という点から、説明しましょう。『副業がバレしたくない』という理由で、個人住民税を普通徴収にすること自体、地方税法上は、原則として認められていません。

仮に現在、普通徴収をしている事業者がいたとしても、今後は特別徴収へ移行する流れになっています。ちなみに東京都の場合、2017年度より徹底して特別徴収へ切り替えていく方針のようです。となると、従業員の一方的な希望で、会社が個人住民税を普通徴収に切り替えてくれるケースは限定的だと思われます」

確定申告の際に「『自分で納付』にチェックする」という方法はどうだろうか。

「たしかに、確定申告の際に『自分で納付』の欄にチェックすることで、『給与所得と公的年金等以外の所得』については、普通徴収にすることができます。しかし、この方法で『副業バレ』を逃れられるのは、夜のお店からもらうお金が『報酬』であった場合だけです。もし、『給料』であった場合は、昼間の本業と同じく『給与所得』になるため、自分で納付できません」

このブログがよく読まれているように、マイナンバー導入で、副業バレを気にする人が多いようだ。

「そうですね。ただ、『副業バレ』の可能性は、マイナンバー制度導入以前からあります。そのため、マイナンバー制度とは、切り離して考えるべきなのです。それよりも、ブログの投稿主も指摘している通り、マイナンバーによって複数の所得の紐づけが容易になるため、『申告漏れ』に注意する必要があります。

さまざまな憶測や方法がネット上で飛び交ってますが、仕組みを正しく理解した上で、しっかりと確定申告をしてほしいです」

新井税理士はこのように話していた。

【取材協力税理士】

新井 佑介(あらい・ゆうすけ)公認会計士・税理士

慶応義塾大学経済学部卒業。金融機関との金融調整から新設法人支援まで、幅広く全力でクライアントをサポート。趣味はサーフィンとスノーボード、1児のパパ。

事務所名 :経営革新等支援機関 新井会計事務所

事務所URL:http://shozo-arai.tkcnf.com/pc/

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

私の個人的な結論。

必ずマイナンバーにもグレーゾーンが存在して
今回のように抜け道が見つかる。
それまでの辛抱ですよ、風俗嬢様!
だから辞めないでー!!


切に願います!!
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメント

非公開コメント

No title

副業バレを恐れて辞める良嬢を引き留める為にも、この記事はありがたいですね。

Re: No title

> 副業バレを恐れて辞める良嬢を引き留める為にも、この記事はありがたいですね。

でもまだまだ法の隙間を抜ける方法が完全に見つかってないので
私自身も勉強中。

一応知っておけば、気に入った嬢に教える代わりに・・・・
ま、AV的な想定は無理でしょうがw
感謝はされますよね^^